【準備編】初めてのインドネシア(バリ島)英語留学3カ月 ~本気で英語を学ぶ~

インドネシア(バリ島)英語留学を決めた背景

私がインドネシアへの英語留学を決める前はフィリピンに3カ月、マレーシアに2カ月間、オーストラリアに2カ月間(合計7ヵ月)の英語留学していました。  

 

その時の記事は以下にまとめているので興味があれば閲覧ください。  

 

【総括】3カ月のフィリピンのセブ島留学で学んだフィリピンの伝統・文化・観光・人々・物価、そして留学で伸びた英語力のまとめ

 

【総括】2カ月のクアラルンプール留学で学んだマレーシアの伝統・文化・観光・人々・物価、フィリピン(セブ)留学との違い

 

【総括】2カ月のシドニー留学で学んだオーストラリアの伝統・文化・観光・人々・物価・留学特徴など

 

上の記事でも述べていますが今後加速するであろう日本の衰退と英語の重要性向上に伴う時代に対応するため、私は英語を本気で勉強している最中です。  

 

そのために私は去年まで東京でシステムエンジニアとして働いていましたが、仕事を辞めて今年は英語力等の向上に専念したいと考えています。  

 

それぞれに英語留学していた結果、留学前は小学生レベルだった私の英語力は今は中級者(Intermediate)と評価されています。  

 

ですが、今のレベルでは未だ英語を使って自由な日常会話や、まして仕事に使うというのは難しいと感じていることから、更に英語力を伸ばしたいと考えてインドネシアのバリ島へ留学を決意しました。    

 

英語留学は多くの国で受け入れがありますが、その中でもインドネシア(バリ島)は留学先としてかなりマイナーな国です。

 

理由としては単純に『英語が公用語ではない』というのが一番大きいでしょう。オーストラリアは勿論英語ネイティブの国でしたが、フィリピンも公用語として英語が日常的に使われている国です。

 

そのため英語留学には向かないという印象が強いですし、フィリピンのように英語学校が多く存在するという訳でもありませんので、留学先としてマイナーなのは当たり前とも言えます。

 

ただ、フィリピンも英語が公用語ではありますが、現地の人はセブアノ語(セブ島の現地語)をメインで話しており、マレーシアに関しても英語力は高い国ですが、英語は公用語でもありません。  

 

そして私が今まで英語留学していた経験から、その国の公用語が英語かどうかは英語の学習に大きく関わる問題でも無いということです。

 

何故ならフィリピンもマレーシアもオーストラリアも英語が上達するための一番の要所は学校の授業であり、教師はどの国も綺麗な英語が話せていたため、英語学習と言う観点で見た場合に大差はないからです。

 

つまり、逆を言えば日本でも英語学校に通えば他の国と大差ないレベルの英語の授業を受けることが出来ますので、英語留学が英語の学習において絶対に必要と言う訳では無いということも分かります。

 

ただ、それでも何故今回インドネシア(バリ島)に留学するのかと言う点ですが、理由は主に以下のものがあります。

 

  • マンツーマン授業が受けられる
  • 費用がフィリピン並みに安い
  • 海外留学の経験が積める
  • リゾート地として楽しめる
  • インドネシアに興味がある

 

私は今まで3ヵ国に留学しましたが、一番英語力が伸びたのはフィリピン留学でした。

 

勿論初めての留学地でゼロからのスタートだったので伸びやすかったのは有りますが、最も大きな理由は「マンツーマン授業」だったからと感じています。

 

マレーシアとオーストラリア、それに他の留学地として有名な国々は基本的に「グループレッスン」が中心ですが、インドネシア(バリ島)はフィリピンと同じくマンツーマン授業が安く受けられるので非常に留学向きだと思います。

 

あとは海外留学の経験が積めるのはどこの国の留学でもそうですが、私は特にインドネシアに興味もありました。

 

理由はインドネシアが近年経済発展が目覚ましく、既に経済学者の間でも2050年(30年後)までには日本を抜いて世界4位の経済大国になると予測されています。

 

日本の将来は非常に悲観的な状況の中、今急成長しているフィリピンにマレーシアやインドネシアといった東南アジアの国々を今の内に自分の目で見ておきたいという(将来は移住含めて検討したい)のが私の考えです。

 

また、フィリピン(セブ島)と同じくインドネシア(バリ島)はリゾート地としても有名なので心地良い環境で留学が出来そうというのも大きな理由の一つではあります。

 

そういった複数の理由から今回はマイナーな留学地であるインドネシア(バリ島)を選択しました。

 

インドネシア(バリ島)の語学学校の特徴について

事前にインドネシア(バリ島)の語学学校について調べたところ、以下のような特徴があるようです。  

 

  • マンツーマンレッスン(学校に依る)
  • 費用がフィリピンより少し高い程度
  • リゾート地ならではのスローライフ

 

上の章でも書いたようなことが学校の特徴でもありますが、要約した言い方をすればフィリピン留学とほぼ同じと言えるでしょうね。

 

一番大きいのはやはり「マンツーマンレッスン」です。逆にこの授業形態を提供していないバリ島の英語学校は辞めておいた方が良いでしょう。完全にフィリピンの下位互換になりますので。

 

費用面もフィリピンより少し高いかなというレベルでオーストラリアやカナダ、アメリカと言った英語ネイティブの国々と比べれると半額かそれ以下の費用で済むのも大きなポイントです。

 

あとは人に依るかもしれませんが、リゾート地ならではスローライフも気持ちをリフレッシュしながら英語を学ぶという環境としてはとても良いと思います。

 

まぁ、とは言えこれらのポイントは総じてフィリピン(セブ島)留学と同じという結論に落ち着きますよね。

 

つまり、バリ島に特別な思い入れが無い場合は、フィリピン留学の方が英語が公用後でかつ、学校の種類も幅広いのでそちらを選ぶ方が良いだろうなとは感じています。

 

私の場合は既にフィリピン留学を経験済みなので今回バリ島留学を選びましたが、もし両方の国とも留学未経験だったなら確実にフィリピン留学を選んでいたと思います。

 

私と同じようにフィリピン留学経験済みという人は新たな選択肢としてバリ島留学を検討されては如何でしょうか。

 

英語留学のために必要な事前準備

実際に私が英語留学を決めた上で、留学先に向けて旅立つ前に日本内で行った事前準備についてまとめておきます。

 

前の3国の時に事前準備した内容と大差ありませんが、念のため記載しておきます。  

 

〇必要だった事前準備

  • 留学期間の決定
  • 留学先(語学学校)の予約
  • 航空券の用意
  • 海外旅行保険への加入
  • ビザの申請

 

〇やっておいた方が良いこと

  • 英語の事前学習
  • 予防接種

 

留学期間の決定

当たり前ですが一番最初にすべきことは留学期間を決定することです。これが決まらなければ留学先(語学学校)の予約等の手続きを進めることが出来ません。  

 

私は今回のバリ島留学は3カ月間という期間で予約していますが、この理由は他の留学地で長期間滞在すると少しダレてくるという経験があったためです。  

 

フィリピン英語留学は3ヵ月間していましたが、最後の1ヵ月はかなり飽きてきて英語力もあまり伸びなくなっていました。  

 

今回も同じ3カ月ですが、3カ月なら未だギリギリ集中力は持つと思います(2ヵ月の方が理想的期間でしたが)。

 

これは私が飽きやすいという性格だからかもしれませんので、他の人にも該当するかは分かりませんが、期間を決めるときはそういったことも考えておくといいでしょう。  

 

後は他の国は日本とお米の質がかなり違うので、1ヵ月くらいすると日本のお米が凄い食べたくなってきますので、長すぎる留学は考えた方が良いかもしれません。  

 

ただ、マレーシアやオーストラリアでは日本と比較的近いコメや料理が多くの場所で食べれたので、国によってはそれほど心配することではないかもしれませんが。  

 

あとはインドネシア(バリ島)留学は英語ネイティブの国々と比べて滞在費が安いので、3ヵ月でもそれほど高額にならないというのも理由ですね。

 

とは言ってもほとんどの人は私のように会社を辞めて留学する訳ではなく、大きな休みを利用して収まる範囲で留学期間を設定するのが一般的な考え方でしょう。  

 

社会人である程度自由に休みが取れる人は一カ月程の期間を休みにして留学するのも有りかもしれません。  

 

ですが私としては留学期間を決める際に重要なのは「何のために英語留学するのか?」という部分だと考えています

 

この「何のために英語留学するのか?」に合わせて留学期間を決定しないと、行ったところで何の成果も得ることなく帰国することになる可能性が高まると感じているからです。

 

  自分の確保できるお金や時間と目指す英語力をどう折り合いつけるのかが一番悩むところだと思いますので、留学期間を決める前に良く考えておかれた方が良いかと思います。  

 

留学先(語学学校)の予約

留学期間を決めたのならば、次は留学先(語学学校)を決める必要があります。  

 

私は今回インドネシア(バリ島)での留学でその前はフィリピンとマレーシア、オーストラリアでの留学でしたが、英語留学の留学先としてはアメリカにマルタやカナダ、ニュージーランド等の色々な国が挙げられます。  

 

どの国のどの学校が最も良いかは私には分かりませんし、人によって向いている国や学校も違うと思いますので、それぞれの国や学校のことを語学留学のエージェントを活用するなどして個々で十分に調べてください。  

 

私の経験としてはやはり初めての英語留学する場合はレベルに関わらず、フィリピンのようなマンツーマンレッスン主体の国が良いと思います。    

 

日本人は国民性としても他言語(英語等)を使って話すということがかなり苦手だと感じますので、先ずは話すということに慣れるのが最優先だと思うからです。

 

尚、語学学校の予約をするためには直接学校のWEBページにある入校手続きを自分で行う方法と、語学学校との仲介をしてくれるエージェントを介して手続きを行う方法があります。それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。  

 

【直接語学学校に手続きを行う】

  • エージェントを介さない為、滞在・授業費用が安い
  • 語学学校の受付の質次第で手続き時間が大きく異なる

 

【仲介エージェントを利用する】

  • エージェントの取り分が発生する為、滞在・授業費用が若干割高
  • 語学学校の受付の質にほぼ依存せず、手続きを進めることができる
  • エージェントから特別なサポートを受けることが出来る

 

自分で語学学校を選んで手続きをできる人であれば、エージェント側の取り分が無い為、基本的には直接語学学校と手続きする方がお得です。  

 

ですが、私が語学学校に問い合わせしたときは返信に10日以上掛かったり、音信不通になったりすることも多く、学校側の窓口の質に大きく依存するので、あまりお勧め出来ません(何故ここまで杜撰なのかは分かりませんが。。。)。  

 

エージェントに依頼すればそういった窓口の質が悪い学校でも問題なく入校出来るので、エージェントを使う方が無難です。窓口の質と現地の講師の質は一切関係がないので、窓口のせいで色々苦労するのは馬鹿馬鹿しい話ですからね。  

 

私はフィリピンとマレーシアの時にDMM留学を利用させていただきましたが、DMM留学は既にサービスの終了していますので別のエージェントを使われる方が良いでしょう。  

 

特にインドネシア(バリ島)はエージェントがあまり無く、学校に直接連絡しないといけない所も多いので、そういう国の場合は学校と直接やり取りをする必要が有ります。

 

航空券の用意

留学先の国と学校が決まれば後はその学校に行くための航空券を用意する必要があります。  

 

学校によってはここら辺もフォローしてくれるのかもしれませんが、私が予約した学校はそこまでのフォローはありませんでしたね。

 

  航空券はネットの予約サイトがいっぱいあるのでそれらで予約するか、不安であればHISやJTB等の旅行会社に行って予約すれば良いです(旅行会社の人は色々親切に教えてくれます)。  

 

尚、格安航空券(LCC)を利用した場合と普通の航空会社を利用した場合の値段差が結構大きいので、基本的には格安航空券を利用する方がお勧めです。  

 

ただ、国によっては格安航空券だといくつも国を乗り継ぐ必要があったりもするので、そういう手間が嫌な場合は日本から直行便で行ける航空券を予約する方が良いでしょう。  

 

航空券を予約するとeチケットを入手できるので、実際の航空日当日になったらそのeチケットを空港窓口に持っていくことで航空券と引き換えてもらえます。国際便なので当日は空港に2時間前に到着しておくのが一般的です。

 

海外旅行保険への加入

海外旅行保険は必須ではないのですが、留学中に何らかの病気や事故に巻き込まれた場合、凄まじい費用が突然発生することがあり、それらのリスクを考慮するとよっぽど楽観的な人以外は加入は止む無しであろうと思います。  

 

加入する場合は留学期間に応じた海外旅行保険をネットで手続きするか、航空券を用意する時に合わせてHISやJTB等の旅行会社で抱き合わせで加入するという方法があります。海外旅行に慣れていない人は航空券と一緒に旅行会社で加入する方が楽だと思います。私もそうしました。

 

加入するプランは留学先とリスクに応じて決めれば良いですが、期間が長いと高額になることも多いので、過剰すぎる補償は予算を圧迫するでしょう。  

 

私はHISの最安プランで加入しましたが、最安プランでもよっぽどのことが無い限りは十分な補償内容となっていました。

 

ビザの申請

インドネシア(バリ島)は30日以上の滞在の場合は事前のビザ申請が必須です。  

 

今回の私の留学期間は3ヵ月(7日×12週)で84日になるため、ビザ申請を行う必要が有りました。

 

ビザの申請は自分でも出来るかもしれませんが、学校から所定の代行会社を利用するように話を受けましたので、そこの会社にビザ取得の代行を依頼しました。

 

大体1週間程度の期間でビザは取得出来ますので、必ず留学前に余裕をもって申請しておく必要が有ります。

 

私の場合は留学を繰り返していたのでビザ取得の期間が十分に取れず、インドネシア留学の直前になってようやく準備できたくらいギリギリのタイミングになってしまいました。

 

代行会社に依頼する際は必要書類にパスポートの原本が必要となるため、依頼中は日本から出れないということに注意しておく必要が有ります(私みたいに留学繰り返しているようなタイプ以外は関係ないでしょうが)。

 

英語の事前学習

現地に行ってから英会話の講義を受ける訳ですが、行く前に最低限度の学習はしておいた方が良いでしょう。  

 

特にグループレッスンが主体の国の学校に行く場合は、一定の英語力を見つけてから行かないと何の成果も得られずに終わってしまう可能性が高いです。  

 

フィリピンのようなマンツーマンが主体の国であれば、私のような完全初心者でもなんとかなりましたが、多分完全初心者状態でマレーシアに行っていた場合、何の成果も得られなかったと思います。  

 

そして、私がフィリピンに留学した経験から事前にやっておいた方が良いことは、文法と単語の理解をある程度進めておく方が良いであろうということです。  

 

何故かと言うと、自分が話しかける分には文法が変でも単語が少し違っていても根気強く話していれば通じることも多いですが、相手の言ったことを理解するのは文法と単語力が高くなければ不可能だからです。  

 

具体的にどうやって事前に鍛えれば良いの?という人には以下の「Essential Grammar in Use」をお勧めします。  

 

 

英語初心者が文法を学ぶことが出来る教材としては最高のものだと思います。レビュー等を見ればその評価の高さが良く分かるかと。  

 

元々のレベルにも依りますので、これだけ勉強すれば良いという訳でもありませんが、少なくとも一定事前に学習しておく方が望ましいでしょう。  

 

予防接種

これも必須ではありませんが、数か月間の長期に渡って留学する場合は日本にいる間に予防接種を受けると安心できると思います。  

 

海外旅行先に応じて効果的な予防接種は異なりますが、病院で医師に相談するか厚生労働省が出している目安(以下リンク)から判断してください。  

 

■厚生労働省検疫所(海外渡航のためのワクチン) https://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html

 

私はフィリピン留学の前に以下の予防接種を受けていました。  

 

  • A型肝炎
  • 破傷風
  • 狂犬病
  • ミールビック(風疹、麻疹)

 

上記全てで合計4万5000円程度です。  

 

ただし、予防接種は一度打った後の一カ月後にもう一回、半年後に更にもう一回の計三回打つのが最も効果が高いらしいですが、私はミールビック以外を一カ月後にもう一回摂取したのみです(計2回で8万円は超えたと思います)。  

 

英語留学に掛かった費用

ここまで英語留学するための事前準備について色々解説してきましたが、恐らくこのページを読んでいる人達が一番気になっているのは、結局お金はいくら掛かるのか?という部分だと思います。  

 

費用に関しては留学先の国や学校と授業内容、留学期間等で大きく変わるので一概に言えませんが、実際に私の留学で出国前に掛かった費用を載せておきます。  

 

【インドネシアのバリ島英語留学3カ月間事前費用】

入学金・学校授業料・滞在費(部屋代):71万6000円

電気代・教材費等の現地予定費用:+α円(現地の教材や生活費用は不明)

海外旅行保険:3万6860円

往復航空券:9万5930円

ビザ代:1万6550円

合計:86万5340円+α円 ※フィリピンは3ヵ月間の合計で「112万9310円」  、マレーシアは2ヵ月間の合計で「49万5449円」、オーストラリアは2か月間の合計で「94万1470円」

 

私の場合はフィリピン留学の時は高級ホテル暮らしだったのでフィリピンより安い事前費用になっていますが、同じランクのホテル暮らしであればフィリピンの方が少し安くなると思います。

 

大体今回の3か月間の留学はオーストラリアの2ヵ月間留学とほぼ同じ費用ですね。授業はマンツーマンでホテル暮らしという圧倒的なアドバンテージが有るにも関わらずです。

 

しかも今回はフィリピンの時と同じで3食付きなのでほとんど生活費も使わなさそうなんですよね。費用対効果を考えるとオーストラリア留学はやはり微妙と言う感は拭えませんね。

 

まとめ

今回の記事はがインドネシア(バリ島)英語留学するために色々考えていたことや実際の準備内容、掛かった費用についてをまとめました。  

 

本記事は前回留学時の時のことをベースにインドネシア用にリライトしていますが、これで全ての準備が整っているかは補償できません。  

 

前回同様の実際の留学中も一週間に一度は実際に学習した内容とレベルの向上具合を続編として記事を書きたいと思いますので、また閲覧いただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA