【滞在編】初めてのインドネシア(バリ島)英語留学3カ月(8週目) ~本気で英語を学ぶ~

インドネシアのバリ島に3カ月間英語留学(8週目)

本記事は元々英語が一切喋れない日本人であった私が英語留学をしてみて、実際に現地でどのようなことをしたのか、そして結果として英語はどの程度出来るようになったのかという実体験を記事にしていくものです。

 

以前まではフィリピンのセブ島に3ヵ月間、マレーシアのクアラルンプールに2カ月間、オーストラリアに2カ月間留学しており(計7ヵ月)、今はインドネシアのバリ島で英語留学を3カ月間行っています。

 

今回の記事はインドネシアに英語留学をして「8週目」に起きたイベントや学習した内容等をまとめたいと思います。

 

ちなみに前回の記事は以下を閲覧ください。

 

【滞在編】初めてのインドネシア(バリ島)英語留学3カ月(7週目) ~本気で英語を学ぶ~

 

発生したイベント等

この章では該当期間で発生したイベント等の特記事項をまとめたいと思います。

 

バリ動物園

バリ島には動物園やサファリパークがいくつか在りますが、「バリ動物園」に行ってみました。

 

色々感想やらを述べる前に伝えておかなければならないことは、入場料と象に乗るアクティビティ(エレファントライド)の値段が非常に高いので注意が必要ということです。

 

レシートを無くしてしましたが、大体入場料が35万ルピア(約2800円)とエレファントライドが80万ルピア(約6500円)で合計1万円近く掛かってしまいます。

 

エレファントライドはちょっと高いと聞いていたのですが、流石にインドネシアの物価でここまでお金が掛かるとは思いませんでした。

 

これは観光客プライスらしいですが、インドネシア人もそれなりに高いからか動物園の中では現地の人はほとんど見ません。。。

 

と言うことで最初の注意点を挙げましたが、中は今まで行った動物園の中でも一番動物との距離が近いかなと感じました。

 

 

上の写真みたいに動物園に入ると、最初に鹿達が一杯いる道を通ります。この鹿達は普通に触れるし、エサもあげられるので何だか奈良の鹿公園みたいだなと感じました。

 

 

動物園の中には居ると万国共通の雰囲気で檻の中に居る動物たちを見て回る訳ですが、何と言うか気候のせいか全体的にぐでっとしている動物が多いですね。

 

 

後は上の写真がかの有名?なコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)です。日本のテレビでも時々取り上げられる人気のトカゲですね。

 

今は日本の動物園では見ることが出来ないのですが、将来的には日本の動物園でも見れるようになるとかならないとか。

 

私が見たときはめっちゃ脱出しようとしていて面白かったです。ただ、サイズがもっと大きいと思ってましたが、写真のサイズのコモドドラゴンしか居ませんでしたね。

 

 

後は上のポニーに乗って移動するサービスも有るみたいでした。使っている人は見ませんでしたが。。。

 

 

バリ動物園はそこまで広くないのですが(上野動物園よりは間違いなく狭い)、区画が2つに分かれていて象に乗る時は最初の区画から移動する必要が有ります。

 

移動するためのバスは上の写真みたいに無料のシャトルバスが10分くらいおきには出ているみたいだったので、特に困ることは無いと思います。

 

 

何故か虎の檻(というか施設?)は他の動物と比べてかなり広かったですね。スマトラタイガーというインドネシア独自の虎のようなので、目玉の一つと言うことでしょうか。

 

 

あとは謎のインスタ映え専用のような建物が有りました。本当に何のために水を落としていたのかは全く分かりません。

 

 

上がエレファントライドの写真です。象の上に二人掛けの椅子を取り付けて、そこに乗って移動するアクティビティです。

 

象に乗ってる時間は20分~30分程度ですね。象が早く歩く時と遅く歩く時で結構差が有ります。私の時は普通に前の象に追い付いていました。

 

思った以上に揺れるし、それなりに楽しかったですが、値段の価値が有るかと問われるとう~んと言う感じです。まぁ、象に乗る経験なんて人生で一度あるかどうかだと思うので、思い出作りには良いんじゃないでしょうか。

 

あとは象の距離がかなり近くて普通に触れたりもするので、こういった距離感は他の動物園では無かったのでバリ動物園の特色だと思います。

 

結論としては値段はかなり高いですが、この動物園ならではの楽しみが有ったのでそこまで悪くは無かったかなという所です。

 

学習した内容

この章では該当期間(月~金)で学習した内容についてまとめます。

 

月曜日~金曜日

最近はIELTSのプレテストを繰り返しています。

 

基本的に全ての科目でIELTSの対策が完了したので、今は実際の試験の類似問題集を解いては、間違った所を先生に教えて貰うというスタイルになっています。

 

ライティングは現状で目標水準(6.0超え)まで来ているのですが、それ以外が未だ遠そうなんですよね。

 

特にリスニングは選択問題ならかなり正解できるのですが、単語を記入するタイプはどうしてもスペルミスや完全に聞き取れないという状況が頻発してしまいます。

 

スピーキングは普通に考えてライティングがかなりの水準である以上、練習さえすればペラペラになるはずなのですが、やっぱり未だ未だぎこちなさが多くなっています。

 

リーディングはライティングに次いで高いのですが、問題によっては異常な難易度に変わったりするので油断できないって感じですね。

 

今週の英語上達レベル

3カ月(12週間)の3分の2に当たる8週目が今週で終了しました。

 

英語の上達レベルは目標より少し届かなそうな感じですが、それなりの水準までは既に来ているのでとりあえず一旦は今のレベルで満足しつつあります。

 

とりあえずは日本に帰ってからもオンライン英会話などで勉強はし続けなければ駄目でしょうけどね。

 

元々英語は今後の日本を考えたときに必須だと思って身に付けようと思ったスキルなので、どのみち今後も勉強し続ける必要はありますし。

 

とりあえずは次の転職先で英語を必要とする会社に行くか、それとも先にAI等の先端技術のキャリアを積める会社に行くかを検討中ですので、その結果次第で習得を早める必要が有るかは変わりそうです。

 

それでは次週もまた近況を報告したいと思いますので、興味があれば閲覧してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA